四日市市 市政ごいけんばん

モニター登録はこちら

第3回 「災害発生時の情報収集方法」について アンケート結果

1 テーマ・趣旨

「災害発生時の情報収集方法」について

市では、災害に関する情報をさまざまな方法で皆さんに発信しています。今回のアンケート調査では、市民の皆さんの「災害発生時の情報収集方法」についてお尋ねしました。

2 実施時期

平成29年3月17日(金)~3月26日(日)

3 調査方法

モニターとして登録していただいている皆さんを対象に、インターネットを通じて回答していただきました。

対象者数(アンケート案内メール送信者数)284名
回答者 192名 回答率 67.6%

4 担当課

危機管理室

5 調査結果について

グラフデータの少数第2位を四捨五入していますので、割合の合計が100%にならない場合があります。
掲載した文章は、回答のあった原文のまま掲載しています。

【すべての方にお尋ねします】
Q1.登録時に発行されたユーザーIDとパスワードを入力してください。

回答者のユーザーID、パスワードをお答えいただきました。

Q2.あなたの性別について、次の中からあてはまるものを1つお選びください。

Q3.あなたの年齢について、次の中からあてはまるものを1つお選びください。

Q4.あなたは、現在、どのような方法で災害に関する情報を収集していますか。次の中から当てはまるものを全てお選びください。

【考察】
 約9割の人がテレビやラジオから情報を得ています。さらに、市のホームページや安全安心防災メール、他の情報提供サービスを利用していることが分かりました。
 四日市市のホームページ「四日市市防災情報」では、四日市市の気象情報などの情報を発信しています。今後の雨予想なども確認いただけますので、ぜひご活用ください。

【Q4で「その他」と回答した人にお尋ねします】
Q5.具体的にどのような方法で情報を収集していますか。次の自由回答欄にお書きください。

お答えいただいたご意見は、こちらからご覧ください。(PDFリンク)

【すべての人にお尋ねします】
Q6.Q4で選んだ回答のうち、最も多く利用するものはどれですか。当てはまるものを次の中から1つお選びください。

【考察】
 四日市市のホームページや四日市市安全安心防災メールを最も利用すると答えた人が1割強であるのに対し、6割の人がテレビやラジオをよく使うという結果になりました。
 四日市市のホームページでも台風などの気象情報を発信していますので、その利用についても出前講座などで周知していく必要があると考えます。

Q7.危機管理室では、四日市市防災情報のホームページ内で市の気象情報などの情報を発信しています。このホームページをご覧になる頻度について、次の中から当てはまるものを1つお選びください。

【考察】
 必要な時だけ閲覧するという利用方法が4割を占める一方、閲覧したことがないという人が約半数いました。四日市市の防災情報では、気象情報だけではなく、ハザードマップなどの防災情報を発信していますので、これからも防災情報の収集方法の一つとしてさらに利用してもらえるよう、周知していきます。

Q8.四日市市の防災情報のホームページについて、ご意見やご要望がありましたら記入してください。

 四日市市の防災情報のホームページについて「知らなかった」「もっと周知して欲しい」というご意見が多く寄せられたことから、この防災情報のホームページ自体の認知度を上げることが必要であると考えます。
 また、防災マップなどが見づらいという意見もいただきましたので、これからは、より見やすいページとなるよう改善していく事が必要であると考えます。

 お答えいただいたご意見は、こちらからご覧ください。(PDFリンク)

【結果】
 減災のためには、さまざまな方法で情報収集をすることが必要となります。インターネットが普及した現在、ホームページやメールサービスなどを利用した情報発信はとても重要です。しかし、それらのツールがいつでも、誰でも利用できるとは限りませんので、これからも、広報紙や防災マップなど、紙面を使った防災情報の発信と併せて、より多くの人に情報を発信できるよう努めていきます。

 


 ページ内のPDFデータ閲覧について 

adobe-readerPDFデータをご覧いただくには、アドビリーダーが必要です。
お持ちでない方は、アドビ社のサイトより最新版を入手(無料)してご覧下さい。


 

問い合わせ 四日市市役所  広報マーケティング課 TEL 059-354-8244